とれんど☆さがし

河田康雄の経歴や結婚について!金沢つる幸の予約方法もチェック

      2016/01/22

金沢で有名な懐石料理店つる幸の店主、河田康雄さんが情熱大陸に出演されるそうです。
現在40代の河田さんですが、若い頃にあの「料理の鉄人」に出演し和の鉄人”道場六三郎”さんといい勝負をした!という経歴の持ち主でもあります。
その反面、アニメ「ONE PIECE」が好きとか、ブログは映画情報ばかりのオタク!?な情報ばかりが見えてきました。
もちろん、ご本人だけではなく、金沢の有名店つる幸のお料理も気になります!

スポンサーリンク

河田康雄さんの経歴を調べてみました!

金沢つる幸河田康雄さんは、1966年生まれ。今年50歳になるそうです。
昭和40年に開業した「つる幸」の創業者であるお父様、河田三朗さんも有名な料理人。
高校生の頃に、先代の志を受け継ぐ決意をした、というから驚きです。

※「つる幸」は「つるこう」と読みます!

高校卒業後は、大阪の「味吉兆」で7年間修行をし、1999年に父の後を継いで料理長に就任しました。
1994年、28歳の頃、あの有名な「料理の鉄人」に出場し、当時の”和の鉄人”として有名だった道場六三郎さんと“あんこう対決”をしたそうです。
対決は残念な結果に終わりましたが、若い新進気鋭の料理人として話題になったとか。

道場さんがお若い〜〜!笑

つる幸は、食べログでも2012年からずっと「石川ベストレストラン」の1位。という有名店。
点数は「4.28」という高得点を意地しています。
金沢と言えば、加賀百万石、として料亭が軒を連ねる伝統料理の街。
その中で、この高得点、人気店になるのは相当なことだと思います。。すごい。。

河田康雄さんってオタクなの?

調べているうちに辿り着いた、つる幸のブログ。
ちょっと私生活もチラ見、してみましたよ〜。

[ 参考:つる幸ブログ ]

てっきり、毎日のお料理等が更新されていると思いきや、まーさーかーの、映画!映画が4件続いてました(笑)

お好きなようですね、映画。
12月だけで3本見てらっしゃいました。^^

桐谷美玲の「ヒロイン失格」から「スターウォーズ」まで、ジャンルも幅広い(笑)
息子さんがお二人いるようで、いっしょに映画を見に行くこともあるようです。
なかなかのイケメンでした^^

ブログには、食べ歩きもされている様子が書かれていました。
お忙しい時間の合間に、映画を見たり食べ歩きをされたりと、やっぱりこういう方は常に自分磨きもされているのだと感心してしまいました。

忙しいなんて理由にならないな〜。
反省。。

スポンサーリンク

オタク河田康雄さんの作る日本料理ってどんなお料理?

金沢つる幸

食べログから画像をお借りしました。

 

情熱大陸のWebサイトによれば、部屋にはフィギュアが並び、最新の映画やアニメ、ニュースのチェックも怠らないらしい。やっぱりオタクですね(笑)
でも、好きなことにとことんのめり込むタイプなんでしょうね。
料理もきっと同じなんでしょうね。。

河田康雄さんのお料理は「伝統が息づく中に、サプライズの味わいがある」と言われているそうで、日本料理にフォアグラやトリュフを取り入れたり、カニ味噌をシャーベット状にして温かい茶碗蒸しと組み合わせたり、なかなか思いつかないようなアイデアを取り入れているのだとか。

なんとも興味深い日本料理ですね。

つる幸のオンラインショップでは、河田さんが追求して誕生したという、「伊勢エビスープ・能登牛カレー」が売っていました。残念ながらSOLD OUTでしたけど。
雑誌「CASA」と「BRUTUS」で“お取り寄せカレー”として1位になったそうです。

コレは是非一度いただいてみたいです!

つる幸に行くにはどうしたらいい?予約方法は?

懐石つる幸
住所:〒920-0864 石川県金沢市高岡町6-5
営業時間:昼食11:30〜15:00/夕食17:30〜22:00
定休日:不定休
駐車場:8台

つる幸へのお問い合わせ
TEL.076-264-2375/076-222-2326(AM9:00~PM10:30)
FAX/076-222-3236

現在、メールでの予約受付はしていないそうですので、電話またはFAXでご連絡してみてください。

こんな注意書きがありました。

【お食事時間について】
「月」コース以上で約2時間をかけて お食事をお楽しみいただくコースとなっております。
お客様に料理を楽しんでいただくために、ベストな状態で一品一品お作りしておりますので、特に、土日祝祭日のお昼の時間帯は、短時間での対応はいたしかねます。
他のお客様にご迷惑になりますので、 ご予約、ご来店の際は、時間に余裕を持ってお食事をお楽しみくださいますようお願いいたします。

ゆっくりお料理を楽しむ、そんな時間がたっぷりあるときに伺ってみたいお店ですね。

スポンサーリンク

 - テレビ