とれんど☆さがし

前田彩里(マラソン)の父母姉も凄い!可愛い画像もチェック!

      2015/12/13

マラソン界でも群を抜いて可愛いと評判の前田彩里選手。
アイドルでもおかしくないほどの可愛さです。

こんなに可愛いのにどうして走ってるんでしょうーー!
いや、可愛くて走ってたっていいけどー(笑)
他の道もあっただろうに、と思ってしまいます。

でも、前田彩里選手には走る理由があったんです。

それは・・・

スポンサーリンク

前田彩里選手のプロフィール♪

前田彩里選手

まずは前田選手のプロフィールから。

名前:前田彩里(まえださいり)
所属:ダイハツ OSC人事所属
生年月日:1991年11月7日生
身長:159cm
体重:45kg
出身大学:熊本県仏教大学
出身高校:熊本信愛女学院高校
出身中学校:熊本県大津町大津北中学校

陸上をはじめたのは中学校から。
高校時代のインタビューでは、
「何度もやめようと思ったし、高校入学の際に陸所を続けるかどうか悩んだ」と語っています。

前田選手でも悩んだ時代があったのですね。
家族がみんな陸上選手だから、当然ながら走ってきたけれど…
高校受験をきっかけにいろいろ考えたのかもしれないですね。

熊本信愛女学院高2年の時に出場した国際大会に偶然出場したことから「もっと上を目指したい」と思うようになったようです。
高校卒業後は佛教大へ。1年で既に全日本大学女子駅伝の2連覇に貢献する等大学時代から活躍しています。

[ 参考:クローズアップ大津人(高校生の頃のインタビュー) ]

あ、前田選手を調べていたら、同姓同名のアイドルを発見!
こちらは、同じ漢字でも「まえだいろり」って読むそうです。
お間違えなく!!

スポンサーリンク

前田彩里選手の父、母、姉までも。陸上一家の前田家。

本格的に陸上をはじめたのは中学の頃ですが、幼稚園の時に白川ラインマラソンで5kmを泣きながら完走した、というエピソードが残っています。

幼稚園で5kmを、泣きながらとは言え走れるあたりはやっぱりDNAの成せる技!?
いったいどんなDNAを持って生まれてきたんでしょう。
前田彩里選手のお父さん、お母さん、更にお姉さんまで、家族が凄いらしいんです。

父親である前田節夫さんは、本田技研工業熊本で現役選手・監督を務めた人。
母親は現在も現役選手の前田淳子さん(熊本CAC所属)。
姉の前田祐佳さんも陸上選手で、佛教大学陸上部のコーチを勤めている。

なんと、ご両親もお姉さんも陸上一家。なんですね〜。

お父さんの前田節夫さんは2013年に他界。
舌ガンで亡くなったお父さんの遺言は「オリンピックへ行け」だったとか。

これが前田選手の【走る理由】なんですね!

その言葉を胸に、大阪国際女子マラソンで初マラソンにして4位入賞を果たしました。
一緒に参加したお母さん前田淳子選手も40位だったとか。

親子でフルマラソンとは!お父さんも天国でさぞ喜んだことでしょうね。

[ 参考:サンケイスポーツ「前田彩里の母・淳子さん「一緒に完走できてよかった」/マラソン」 ]

可愛いネイルや指輪。
普通の女子ですよね〜。可愛い!

と思ったら、小指にはめている指輪は亡くなったお父さんから成人のお祝いにもらったものだそう。
今でも肌身離さずつけているのですね。

前田彩里選手って彼氏いるのかな

美人アスリートの皆さん、調べてもなかなか彼氏情報が出てきませんが、前田選手はどうでしょうか。

調べてみると、駒澤大学の窪田忍選手、という名前が出てきたんですが。
現在は既に駒澤大学は卒業し、トヨタ自動車陸上長距離部に入ったようです。
ただ仲が良いということだけなのか、これ以上の情報は無く、やや信憑性に欠ける情報でした。

スミマセン。

前田彩里選手の成績。オリンピックは?

maeda01

maeda02

maeda03

2014年の大阪国際女子マラソンでは、初マラソンで4位。(2時間26分46秒)
母である前田淳子選手も走り40位。親子で合計すると5時間22分10秒、親子によるマラソンのギネス記録になったそうです。
お母さん、50歳くらいでしょうか。まだ現役とのこと、凄いですね。

2015年の名古屋ウィメンズマラソンでは、3位。(2時間22分48秒)
途中、転倒というアクシデントもありながら自己記録・日本女子首位で3位。
どんだけ強いハートの持ち主なんでしょう。

2015年8月の世界陸上北京大会では13位。(2時間31分46秒)とややふるわなかったようですが、日本女子では2番手でした。

いよいよ数日後に迫ったクイーンズ駅伝。
去年のクイーンズ駅伝では、9人抜きという偉業を成し遂げたという前田選手。
今年のダイハツチームはどうなんでしょう。

それからーーー

リオデジャネイロ五輪代表選考会となる来年2016年1月の大阪国際女子マラソンで、オリンピック行きの切符を狙うと発表されたようです!
女子マラソンの枠は3つで、毎回揉めますよね〜(笑)
今回は既に1枠決定済(世界選手権7位の伊藤舞(大塚製薬))残り2枠のうちの1つが前田選手に決まるかどうか。
楽しみです!

スポンサーリンク

 - スポーツ