とれんど☆さがし

荻田和秀(産婦人科医)の大学や病院は?家族や年収もチェック。

   

荻田和秀

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47121

コウノドリという漫画を題材にしたドラマがありましたよね。綾野剛さんが主人公の産婦人科医を熱演しました。そのモデルと言われている、荻田和秀さんがプロフェッショナルに出演されるそうです。
早産や病気の妊婦さんをたくさん救ってきたという凄腕の産婦人科医なんだとか。これは調べておかなくては!

スポンサーリンク

荻田和秀さんのプロフィール

荻田和秀産科医

http://www.asahi.com/

荻田和秀(おぎたかずひで)さん

生年月日:1966年3月1日
高校:国立大阪教育大学付属平野高等学校
大学:香川医科大学
大阪警察病院、大阪府立母子保健総合医療センター等を経て大阪大学博士課程に進学。
現在は泉州広域母子医療センター長兼産婦人科部長

ドラマ「コウノドリ」では綾野剛さんが演じた産科医。主人公の鴻鳥(こうのとり)サクラのモデルである荻田先生。
妊婦と赤ちゃんの命の瀬戸際の医療を描いたドラマでしたね。

現在、大阪のりんくう総合医療センターの産婦人科部長である荻田先生。
「コウノドリ」の原作者である、漫画家鈴ノ木ユウさんの妻のお産を担当したのが縁だったそうです。

荻田先生は、3000人以上もの赤ちゃんを取り上げてきたとか!
自己最高で、24時間で12人を取り上げたこともあるそうですよ!!!

荻田先生のところには、母子に命の危険のあるという妊婦さんがたくさん運び込まれるそうですが、荻田先生の病院では決して断ることなく受け入れるんだそう。

そうして、たくさんの母子を救ってきたんですね。

そういえば、、過去に妊婦がたらい回しにされるという事件もありましたよね。
自分も出産時に、ちょっと先生に怒られたことがありましてね(汗)そう、病気じゃないけど、命と隣り合わせの大事な場面なんですよね、出産って。

たくさんの母子を救ってきた荻田先生でも、中には母子二人とも亡くした経験があるそうで。
その時はかなりのショックだったそうです。それでもやめなかった理由として、こうおっしゃっています。

でもやっぱり赤ちゃんが産まれた時の喜びが大きいからかもしれません。だから「はい、喜んで」といつでもお母さんと赤ちゃんを受けるようにしているんです。

本当に心から産科医として楽しんでいるようにも見えました。

こんな先生にお世話になりたい!

スポンサーリンク

産科医でジャズピアニストの荻田先生のプライベート

ピアノの腕前はプロ級で、定期的にライブもされているそうです。
大学時代は、本当にミュージシャンを目指していたとか。

先生のfacebookにはライブのフライヤーも投稿されていました。すごい〜!

荻田先生のご家族、奥様やお子様については調べたものの、やはり一般の方なので出てきませんでした。
こんな旦那様がいたらどれだけ大切にしてもらえるかな〜と思いつつ、でも忙しすぎてお家にいないかも?とも思ったり。

年収は、お医者様ということと、これだけ注目されている方ですからね。。。
2000万とか??
うん、少なく見積もっても1000万は下らないですよね?

と、平民の下世話な想像でした。笑

スポンサーリンク

 - 医師