とれんど☆さがし

奥原希望(バドミントン)の出身高校は?父親や兄についてもチェック!

   

奥原希望

http://nozomi-okuhara.com/

オリンピック代表に決定したバドミントン選手、奥原希望(おくはらのぞみ)選手。
バドミントンというと、高橋礼華選手松友美佐紀選手のダブルスのタカマツペアや、シングルといえば男子のあんな事件が取りざたされたり。。と、なかなか注目が集まっています。
奥原選手は、16歳8ヶ月での史上最年少バドミントン全日本女王になったっていう、すごーい選手なんですって。
そんな奥原選手が情熱大陸に登場するそうですよー。

スポンサーリンク

奥原希望選手のプロフィール!

奥原希望選手

http://www.unisys.co.jp/badminton/w/team/okuhara.html

奥原希望(おくはらのぞみ)
生年月日:1995年3月13日
出身地:長野県大町市
出身校:大町市立仁科台中学校→埼玉県立大宮東高校
所属:日本ユニシス、日本ウェルネススポーツ大学
身長:156.3cm
利き腕:右
ニックネーム:おっくー
趣味:食べ歩き

高橋礼華選手松友美佐紀選手と同じ、日本ユニシスの所属なんですねー。

奥原希望さんは、1995年生まれ。
まだ若いですねー!

16歳8ヶ月での史上最年少バドミントン全日本女王になったということで、ものすごーい選手なんだそうですよ。

とにかく戦績がすごくて、「日本人初!」とか「何年ぶり」なんていう文字が並びます。

最近では、

2016年3月に全英オープンで王儀涵、カロリナ・マリン、王適嫻を連破し、同大会女子シングルスの日本人選手では1977年の湯木博恵以来となる優勝[8]。大会後に発表された世界ランクが自己最高の3位となる。

王儀涵(おうぎかん)選手は、中華人民共和国のバドミントン選手で、
2011年世界選手権女子シングルス金メダリスト。
ロンドンオリンピックの女子シングルス銀メダリスト。
っていう世界でも有数の強豪選手。

そんな選手に勝ったわけですから、これはもうオリンピックを期待せざるを得ませんよね!

スポンサーリンク

奥原希望選手のご家族は?

お父さんは、学校の先生で、奥原圭永さんとおっしゃいます。
お兄さんは、奥原大生さんと言って、同じくバドミントンの選手のようで、高校時代はインターハイでも入賞経験があるようです。

そして、現在は医大生!
スポーツも頭脳も抜群とは…すごいです!!

お姉さんもいるようで、小さい頃は兄弟に負けっぱなしだったとかで、悔しくて仕方なかったそうです。

悔しくて仕方ない、っていう思いがここまで奥原選手を強くした原動力となったのかもしれませんね。

 「思いっきり楽しめることができたら自分の力を出し切れる。結果にこだわり過ぎず、やることをやったら結果はついてくる。できるベストを尽くしたい。自分を信じて最後まであきらめずに走り切りたい」

家族の中でもまれて、世界に飛び出した奥原希望選手。
オリンピックがとにかく楽しみですね!!

スポンサーリンク

 - スポーツ