とれんど☆さがし

大圃研(内視鏡医)の経歴や年収は?家族や病院もチェック!

   

大腸がんの内視鏡治療症例数日本一!という医師、大圃研さんをご存知でしょうか。
お名前、難しい漢字ですが「おおはたけん」さんと読むそうです。
この大圃研さん、難しいとされている内視鏡治療法“ESD”の第一人者だそうで、情熱大陸に登場することに。
変わった医師経歴をお持ちという大圃さん、経歴などをチェックしてみましたよ!

スポンサーリンク

大圃研さんの経歴

大圃 研

http://careergarden.jp/ishi/interview/001/

大圃研(おおはたけん)
74年東京都生まれ、茨城県育ち。
三代医師の家系に育ち98年日本大学医学部卒業後、医局に属さずにJR東京総合病院に勤務。
月給2万円時代も経験しながら9年間非常勤として勤務の後、37歳という異例の若さでNTT東日本関東病院内視鏡センター医長に就任。

おじいさん、おばあさん、そしてお父さんも医師。そんな家庭で育ったという、大圃研さん。
特に疑問を持つこともなく、なるべくして医師になったようです。

茨城県という土地で、それだけの大病院ってどこだろう?と調べてみましたら、
ありました、大圃病院。
http://ohata-hospital.jp/

さて、日大の医学部に進学した大圃さん、卒業後は、医局に属さずにJR東京総合病院に勤務されたそうです。

医大を卒業後に医局に属さないというのは、なかなかイレギュラーな形なんだそうです。
今でこそ、そういう医師が増えているそうですが、大圃さんの時代には100人中3人くらいだったとか。
医局に入るというのは、いわゆる、下働きというのか修行というのか、雑用をやらされることも多いのだそう。その代わり、収入も保証されるし、将来安泰。

あえてその道を選ばず、総合病院に勤務したというわけです。

薄給に耐えながら、腕を磨き、37歳という若さで、NTT東日本関東病院内視鏡センター医長に就任。

NTT東日本関東病院というと、五反田にある大病院です。
実は、個人的にこちらの病院には何度もお世話になっていて。もしかして父の手術をしてくれたのは、大圃さんだったのかも?とこれを書きながら考えています。

大圃さんが率いる「内視鏡部」の大腸ESD症例数は年間日本一だとか。
そんな病院にお世話になることが出来ているなんて、とても幸せなことだと改めて感じ入ってしまいました。。

スポンサーリンク

大圃研さんのプライベートや年収は?

ご家族としては、奥様と1歳半の娘さんがいらっしゃるそうです。
42歳で1歳半のお子さんとは、ご結婚が遅かったのでしょうか。

現在42歳の大圃研さん、年収はいったいどれくらいでしょう?
医師はそもそも平均年収が高いですからね。。

普通に1000万以上はあるでしょうが、どうでしょう、
しかも内視鏡治療の第一人者、大病院の医長。
さらに、NTT病院だけでなく、熊本県山鹿中央病院など他にも多数兼務されていて、ご多忙とのこと。

と付加価値ありまくりの大圃研さんですから、2000万近くあるのではないかと想像します。
医師になるには相当な費用がかかるっていうのはそういうことなんですね。。

さて、大圃研さんの内視鏡治療は情熱大陸でもじっくり見てみたいと思います。
実は去年内視鏡検査に失敗している私(笑)、何かあったら大圃研さんにお世話になりたいです〜!

スポンサーリンク

 - 医師 ,