とれんど☆さがし

オオタユウスケと川谷絵音の関係を調べてみた。LINE流出の犯人は元バンドメンバー?

   

ベッキーさんとゲスの極み乙女のLINE不倫問題。なかなか終息しそうにありませんね〜。
ベッキーさんは休業を発表、川谷絵音さんのほうはなぜかますます活躍しているようで。
当初、大手プロダクション所属のベッキーに手をつけて、川谷絵音は大変な事になるぞー、って書かれていたのを読みましたけど。川谷絵音さんの将来性のほうが重要視されてるって事なんですかねえ。ベッキーさんは好感度めちゃくちゃ高かったから、余計に印象悪かったのかもしれないですね。

そんな状況の中、あちこちでLINEを流出した犯人探しがはじまっていて、ふと見かけた「オオタユウスケ」なる人物の名前。
もしかして犯人!?なんて囁かれているそうですが、この人知ってますか?
早速調べてみましたよ!

スポンサーリンク

オオタユウスケって誰だ?

川谷絵音さんは、ゲスの極み乙女の他に、indigo la End (インディゴ ラ エンド)というバンドでも活動しているそうです。
indigo la Endで活動しはじめたのは、ゲスの極み乙女の活動前のようですね〜。

indigo la End

indigo la End

2010年2月に活動開始
・川谷絵音:ボーカル/ギター
・長田カーティス:ギター
・絵にならない課長:ベース
・オオタユウスケ:ドラムス

この初期メンバーの1人がオオタユウスケ氏なんですね。
2014年2月にはメジャーデビューも果たしています。

ところが、2015年1月にオオタユウスケ氏はindigo la Endを脱退します。

理由としましては、昨年末バンドの更なる発展に向け、今後の活動についての話し合いをして行く中で、オオタと他のメンバーの考え方に大きな隔たりがある事が明確化し、今後お互いが更なる進化を遂げる為には別々の道を歩むべきだという結論に至った為です。約5年間に渡り活動を共にして行く中で、目指すべき目標や音楽に向かう姿勢に少しずつズレが生じ、埋め難い隔たりができてしまったと感じております。

理由はよくあるヤツですね。
方向性の違い、ってことでしょうか。

以降、ドラマーとして活動しているようなんです。

オオタユウスケ

オオタユウスケ氏

オオタユウスケ氏のプロフィール
生年月日:調査中
出身地:調査中
出身大学:調査中

スポンサーリンク

どうして犯人じゃないかと言われているの?

どうして突然犯人じゃないか、なんて言われてしまっているのかというと、Twitterでのこの発言です。

人を批判してる人は少なくとも自分のことは正しいと思ってるんだよね。発言した事に対してずっと責任を持っててね。って思う。

あちこちで叩かれまくっているこの問題に関して、擁護する発言が出ること自体があまり無いため、「この人誰だ!?」って事になってる模様。

確かに、誰かが一言発言するだけで、yahooニュースにのっちゃうくらいですもんねー。
昨日も矢口真里さんがなにやら書かれているのを見ましたし…。

そんな中でのこの発言に、ネット界隈ではもしかして、あえて擁護してるあたり怪しいんじゃないかと。
犯人じゃねーの???
なんて思われちゃってるみたいなんですよね〜。

オオタユウスケと川谷絵音の関係

まだ調査中でわからないんですが、もしかしてですけど、嫉妬や妬み???
元同じバンドで頑張っていたメンバーが、けっこう売れてしまってチヤホヤされて、しかもベッキー(まあ大物ですわね)と付き合ってるらしいぞ!と。

普通の人間なら、嫉妬っていうか、コイツ何やってんだよ!って元メンバーとしてイラっと来たのかもしれませんね。

引き続きこの件について、調査してみます〜。

スポンサーリンク

 - テレビ