とれんど☆さがし

さんまのまんまの終了の理由は?最終回と後番組を調べてみた

   

明石家さんまさんが司会の長寿番組”さんまのまんま”。深夜番組時代から私も長く見てきた番組のひとつです。
が、なんとー打ち切りのニュースがあああ〜!
9月いっぱいをもって終了となるんだそうです。
31年以上もの歴史がある長寿番組。まだまだ人気も高いと思っていましたが、打ち切りの理由ってなんなんでしょう?調べてみました!

スポンサーリンク

さんまのまんま

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-00000501-sanspo-ent

『さんまのまんま』は、1985年4月8日からフジテレビ系列で、関西テレビ(カンテレ)と吉本興業の共同制作で放送されている長寿トーク・バラエティ番組である。司会を務める明石家さんまの冠番組。一部系列局のみ、モノラル放送(モノステレオ放送)、字幕放送を実施している。通称は『まんま』。

ご存知ない方はいないんじゃないかと思われる長寿番組になりましたよね。
1985年からというと、なんと31年です。

当時生まれた赤ちゃんが31歳になるわけです。長いですよねえ。

40代の私は、物心ついた時にはもうやってましたのでね、
青春時代をともにしたと言っても過言ではありません。

明石家さんまの自宅に見立てたセットに「ピンポーン」と来客が来るという設定でゲストがやってきます。
さんまさんが冷蔵庫からドリンクを出したり、時には一緒にお料理したりと、アットホームな雰囲気の番組でしたよね〜。

全く関係無さそうな複数のゲストが絡み合うこともあったり、
他の番組ではなかなか見られないような場面も。

全国で放送時間はいろいろでしたけど、フジテレビでは最近は日曜日の13時だったようです。
そういえば最近みてないなあと思ったら、その時間私はニノさんを見てましたね。。笑

深夜の時のほうが見てた気がするなあ。
時間帯がよく変わったので、この番組を見たいから見るというよりたまたまチャンネル合わせたらやってた的なことが多かったような気がします。

もしかしたらそういう方、多かったのかも??

スポンサーリンク

ってことは、やっぱり

打ち切りの理由は視聴率でしょうか。

表向きは、放送30周年を区切りとして、なんて言ってますが
正確には30周年を迎えたのは昨年ですしね!だったらどうして去年やめないの?って思いません?

複数名出演者がいるなら、仲が悪いとか考えられそうですが、
何しろ出演者はさんまさんとまんまちゃんのみ。笑
さんまさんが嫌いな人はゲストに呼ばなきゃいいだけですもんね〜。

平均視聴率は20%、最高の時では30%を超えたこともあったと言いますが、最近はやっぱり一桁のこともあったようです。

あとは、さんまさんも60歳をすぎてますしね。。

2011年7月、『さんまのまんま』内で「60歳位でテレビは引退する」と公言。その後、他番組でも「60歳でテレビのレギュラー番組を辞めて、仲間たちと舞台をしたい」と主張していた。しかし、2014年4月にこれを撤回した。

過去にこんな発言もされています。

まー、
テレビ番組なので、視聴率が良ければ終了なんてことはないと思うし、
やっぱり視聴率なんだろうなあ〜

なんてね。

9月いっぱいということは、9月25日(日)が最後の日曜日。
この日が最終回ということになるでしょうか。
ゲストは誰でしょうね〜。
大竹しのぶさんだったりして〜笑

終了後は、年2回のスペシャル番組として残るようです。
まあ、そのくらいで十分かもしれないですよね。

毎週さんまさんを見れるのもあとわずか。
ニノさん派の私も楽しませていただこうと思います。

後番組はというと、さすがにまだ不明。
というか、あちこち放送時間が動きまくっていた番組なので、後番組も何も。。。って感じですかね。

さんまさんのフリートークを楽しめる番組が減ったのは残念。
スペシャル番組に期待です。

スポンサーリンク

 - テレビ