とれんど☆さがし

佐藤直紀(作曲家)の経歴や家族は?年収や代表曲についても!

   

佐藤直紀

佐藤直紀さんという作曲家をご存知ですか?すごいドラマや映画の音楽を多く手がけている、すごい方なんだそうです。
その佐藤直紀さんがプロフェッショナル仕事の流儀に出演されるとか!
すごいドラマや映画の音楽がどう作られているのか、今話題のNHK大河ファンタジー「精霊の守り」の裏側も垣間見えるかもしれません。
佐藤直紀さんの諸々をチェックしてみます〜!

スポンサーリンク

佐藤直紀さんのプロフィール!

佐藤 直紀(さとう なおき)作曲家、編曲家。
生年月日:1970年5月2日
出身:千葉県出身
出身校:日出学園中学校・高等学校、東京音楽大学作曲科卒業。

小学生高学年の時、吹奏楽でホルンを吹き始めたという佐藤さん。
当時は楽譜も読めなかったんだとか。

その後、中学でバンドが流行り、ギターを弾き始めるも、やっぱり弾けずにキーボードに回され。結局譜面も読めないので、ピアノを習いに行くことに。

それが音楽の道に入ったきっかけになったようです。

当時のピアノの先生は、とても自由な先生だったんですって。

クラシックだけでなくポップスも弾かせてくれましたし、「弾きたい曲を持っておいで。譜面どおりでなく自由に変えて弾いてもいいんだよ」と教わって。だんだん自由にやるのが楽しくなって、自分でちょっと手を加えてみたらこうなるのかなとか、そんなことをいろいろとやっているうちに、先生に「作曲の方が向いているんじゃないか」と言われました。

作曲家は、音楽大学を出ている人が多いようだから行ってみよう、ということで音大を目指しました。

師事していた先生のすすめもあって、クラシックではなく、
東京音楽大学作曲科の映画・放送音楽コースへ。

大学卒業後は、CM制作会社へ入ったそうです。

クライアントからのオーダーに、オーケストラの派手な曲を出したら「ロックでいこうよ!」と覆されることも。
急遽ロックの曲を作り直すことが出来るのも、大学時代にロックもクラシックも、様々なジャンルの音楽を勉強してきたから。

それが佐藤さんの強み!

作曲家と言うと、クラシックの世界か、もしくは派手なアーティストの楽曲か、
そんなジャンルしか思いつきません。

何も無いところから創り上げるのももちろん難しいけど、

ドラマや映画は、既にそこに映像があって、
監督や俳優さん達が創った世界をこわさないように創るもの。
それもまた、違った難しさがあるのだろうと想像します。。。

CMの音楽ばかり手がけていたころ、ドラマの音楽をやりたくて売り込んでもなかなか仕事が無かった時にやってきたコンペがドラマ「GOOD LUCK!!」だったそう。
これが決まって、初めてのドラマの音楽を手がけることに。

それを見たプロデューサーが気に入って「海猿」を。
そして、更に「ALWAYS三丁目の夕日」と。

有名な映画の仕事が立て続けに入るようになったそうです。

どれもこれも有名な映画やドラマ。
音楽の冒頭を聞くだけで映画の世界感がうわ〜〜〜っと広がりますよね。

それくらい音楽って、映画やドラマに無くてはならないものだっていうのがわかります。

音楽が無いところから、その世界感を感じて音楽を創り上げることの難しさ。

凡人にはよくわからない世界ですね。。。

プライベートでは、息子さんがお一人いらっしゃるそうです。

スポンサーリンク

佐藤直紀さんの作品は?

佐藤さんの作品ですが、前述のとおり有名な映画やドラマばかりなんですが…
独断と偏見で、有名どころをピックアップしてみますよ。

まず映画から〜
有名どころばかりです。

  • 海猿
  • ALWAYS三丁目の夕日
  • チーム・バチスタの栄光
  • るろうに剣心
  • STAND BY ME ドラえもん
  • 寄生獣
  • 永遠の0

そしてドラマ!

  • GOOD LUCK!!
  • 龍馬伝
  • カーネーション
  • 精霊の守り人
  • 味いちもんめ
  • オレンジデイズ
  • – コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
  • 救命病棟24時 第5シリーズ


そして、なんとこんなアニメまで!
って、プリキュア以外はわかりませんが(笑)

  • ふたりはプリキュア
  • 交響詩篇エウレカセブン
  • Yes!プリキュア5
  • 暗殺教室

や〜、もちろん、こんなの一部です。もっともっとあるんですよー。
すげーーーっていうタイトルばかりでビックリしますね。

GOOD LUCK!!。懐かしいですね〜。キムタク全盛期でしたね。
このカッコいいオープニング曲も佐藤さんです。

龍馬伝のオープニングはものすごい迫力でした。
福山雅治主演の人気大河ドラマでしたよね。
これから45分間、龍馬の世界感が広がるぞ〜っていう気分を盛り上げる為に必要な音楽でした。

リアルタイムで見てないですけど、あああ〜〜これね!ってやつです。
ふたりはプリキュアね。笑

佐藤さんの年収は?

佐藤さんは、株式会社フェイス音楽出版という会社に所属しているようですから、売れたら印税がいくら、というのではなくて、

1曲いくら、というお仕事をされているのでは無いかと想像。

1曲どれくらいのお値段なんでしょうね。

佐藤直紀さんの手がける曲は大作ばかりですし、
また、これほどの実績がある方だと「佐藤直紀」指名で依頼がくるんでしょうし、

1曲作るのにも相当数の時間や日数をかけることを考えると、
数万とか数十万のレベルでは無いでしょうね。

1曲数百万とか?
となると、年収も推して知るべし。。

プロフェッショナル仕事の流儀では「精霊の守り人」の音楽を作る舞台裏も見られそうですしね。

その辺からも想像出来そうですね。

プロフェッショナル仕事の流儀も、「精霊の守り人」も楽しみですね〜!

精霊の守り人と言えば、こちらも要チェック!

スポンサーリンク

 - テレビ