とれんど☆さがし

田根剛(建築家)の結婚や年収は?大学や作品についても!

   

田根剛

http://www.mbs.jp/jounetsu/

田根剛さんという建築家をご存知ですか?新国立競技場のコンペで最終選考に残り、あの建築家ザハ氏と並んで評され大きな話題になったとか。と聞くと、どれほどすごい方かがお分かりになるはず。
その田根さんが情熱大陸に出演されるそうです。
田根さんは元Jリーグのユースチームにいたという異色の建築家。そんな田根さんを調べてみました!

スポンサーリンク

田根剛さんのプロフィール

田根剛

http://www.cinra.net/interview/201501-tanetsuyoshi

田根剛(たねつよし)
1979年(昭和54年)9月14日
日本の建築家。フランス・パリを拠点に活動。
DGT.(DORELL.GHOTMEH.TANE/ARCHITECTS)共同主宰。
東京都杉並区出身。
出身校:東海大浦安高校、北海道東海大学

田根さんという名字はなかなか珍しいですよね。
どうでもいいですが、気になっちゃったので調べてみると、

現滋賀県である近江国浅井郡田根郷が起源(ルーツ)である、宇多天皇の皇子敦実親王を祖とする源氏(宇多源氏)佐々木氏族。近年、益田市など島根県に多数みられる。

ってことで、田根さんご出身の東京都には30人くらいしかいらっしゃらないとか。

話がそれました。

田根さんは、千葉県の東海大浦安高校のご出身。
東海大浦安と言えば、高校野球の強豪校で有名ですが、

田根さんは小さい頃から入っていたジェフユナイテッド市原のユースチームで活躍されていた高校時代だったようです。

プロを目指していたとのことですが、怪我で断念。

9割方、東海大学へ進学する東海大浦安高校。
どこへ進学しようかと悩んでいたときに、北海道にも東海大学があることを知ります。

大自然に対する憧れも背中を押されて、北海道東海大学芸術工学部建築学科に進学。

その後スウェーデン、デンマークと留学をし、2005年にロンドンの設計事務所に移ったのです。その時にロンドンのプロジェクトのために駐在をしていたジャン・ヌーヴェルの事務所で働く、イタリア人のダン・ドレルと、レバノン人のリーナ・ゴットメと仲良くなり、コンペに参加することになったのです。それが“エストニア国立博物館”の国際コンペでした。結果、最優秀賞を受賞することとなり 、独立をして3人で事務所を立ち上げようとなったのがDGT(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)です。

田根さんの作品を調べてみた!

田根剛

http://www.cinra.net/interview/201501-tanetsuyoshi

田根さんが世界で注目を浴びるようになった作品は「エストニア国立博物館」
国際コンペで最優秀賞授賞しました。26歳の時です。

と、作品画像を調べてみるも、、なんとまだ完成していないんです。
設計には5年もの長い期間をかけ、その後建築がはじまったようで、2016年に完成予定なんだとか。
完成後、また世界での田根さんへの注目、間違い無しですね!


田根さんも執筆してるようですよ〜


最近の作品では、
2015年に完成した、創業460年京友禅の老舗「千總(ちそう)」本社ビルの改装。

ミナペルフォネンのExhibition「ミナカケル」では、デザイナー皆川明さんとのコラボ。

皆川明ミナペルフォネンミナカケル

http://www.spiral.co.jp/minakakeru/

虎屋パリの店舗設計も。

虎屋パリ

https://www.toraya-group.co.jp/toraya-paris/ja/

など、とても幅広く活躍されています。

日本の古い老舗と呼ばれるようなお店が田根さんのような若い建築家に依頼されるなんて、
けっこうすごいことだと思うんですよね。

あえて、新しい人に新しい風を吹き込んでもらう、ということなんでしょうか。

田根さんの設計もそれに応え、というかそれ以上のもので結果を出しているって
素晴らしいですよね。

まだまだ日本も捨てたもんじゃなーい!

スポンサーリンク

田根さんの結婚や年収は?

田根さん、30代後半ですから、ご結婚されていても良いお歳頃とは言えますが、
結婚やご家族についての情報は、いまのところ無いようです。

情熱大陸でそのあたりもお話されますかね?

さて、年収ですが、

建築家の年収と言うと、
平均年収は638万円だそうです。
月収にすると53万ですから、まー多いほうですよね。

ただ、田根さんの場合、有名な建築物や規模の大きい(予算の大きい)お仕事を多く手がけていると思うので、報酬もそれなりと想像します。

すでに国際的に有名な建築家になっていますしね。

となると…
1000万以上?いや、2000万くらいでしょうか。
まあ、まだ建築家としてはお若いほうでしょうから、1000万くらいですかね?

てか、もう想像つきません。。。

スポンサーリンク

 - ビジネス界